お客様の体験談|青龍館整体院|名古屋-千種-千種区-中区-栄-東山線の整体院-中国整体-肩こり-腰痛-気功なら|今池-八事-本山-星が丘-昭和区|良い治療院-名人-達人-治らない-不妊

052-761-7317

080-4844-8125

11:00 〜 21:00地図

名古屋市千種区春岡1-4-8 5F

お客様の体験談

お客様の体験談

●四十肩と思って長い間悩んだ末に

四十肩と思って長い間悩んだ末に(40代美容師)40代美容師   四十肩という整形外科の診断で3年間も病院通いをしましたが、一向に良くならず知人の紹介で先生のところにお伺いしました。「これは四十肩ではないですね。運が良ければ今日一度で治ります」と言われました。その通り一度で快癒し、今は先生に言われたストレッチを仕事中などにおこない、あの3年間は何だったんだろうと不思議な感じがしております。

●ひどいギックリ腰が治りました

ひどいギックリ腰が治りました(50代会社役員)50代会社役員   ひどいギックリ腰をしてしまい1年ほど色々な治療院に通い自分自身では80%くらい良くなったかなという感じがしていたときに部下の勧めで青龍館を訪ねました。僕は先生に「8割くらいのところまで来ている感じですよ」と言いました。先生の返答は「この腰痛に5割も8割もない。ゼロから僕に任すかお帰りになるかどちらかにしましょう」。圧倒された私は「お任せします」と答えました。施術が終わったあとに先生が「半年分のゴルフのスケジュールをキャンセルされてるそうですね。この帰り道にでも練習場に寄って今週末にはゴルフに行けるでしょう」。実際僕はゴルフ場には行きませんでしたが、週末に200発打って練習場から「この15年で最も腰の調子が良いです」という電話を入れました。

●あきらめていた赤ちゃんができました

あきらめていた赤ちゃんができました(30代主婦)30代主婦   結婚して2年目に不妊治療を始めてさらに2年経過した時点で以前からひどい肩こりからくる頭痛で通っていた青龍館整体院の先生に赤ちゃんについて相談しました。先生に「よし分かった。病院に行くのは止めて不妊治療をしよう」と言われました。今、念願の我が子に授乳させる喜びで幸せいっぱいです。ありがとうございました。

●肩こりのせいだと思い続けてきましたが・・

肩こりのせいだと思い続けてきましたが・・ (20代OL)20代OL   学生の時からひどい頭痛持ちでした。社会人になってからさらにひどくなり生理前などは会社を休むような状態のときに紹介され青龍館に伺いました。先生は「これは偏頭痛でもないし肩こりも関係ない、首コリです」。事実、首を揉まれました。頭痛は嘘のようにとれ「頭痛薬が効かないときはまた来なさい」と言われました。いざというときに行くところがあるという安心感があるだけで心まで病みそうになっていたあの頭痛時代とサヨナラをしました。

●本当の病気になってしまう前兆・・・

本当の病気になってしまう前兆・・・(50代主婦)50代主婦   青龍館さんが東山にオープンされてから肩こりで通うようになりました。いつも先生に言われることがありました。「あなたね、私は金儲けで言うわけじゃない。せめて一ヶ月半か二ヶ月に一度は来なさい」。私は「わかりました」と言いながら限界が来ると行くという感じでした。そしてとうとう先生の言われたとおり大病して何ヶ月も入院することになり、退院後も調子が悪く、顔のむくみをマスクで隠し一生分のステロイド剤を投与し片耳が聴力を失いかけるという原因不明の状態に陥りました。久しぶりに先生のところに伺うと「ほら言ったとおりになってしまったね」。今回は先生の指示どおりに通い数回の通院でむくみも取れ、医師が首をかしげて「どういう訳か聴力が戻っています」。今は元気に暮らしております。

●美しさは健康の上に成り立つものなのですね

美しさは健康の上に成り立つものなのですね(50代自営業)50代自営業   娘が高校3年生のときに突然過激なダイエットを始めて、何を言ってもどう言ってもまともに食事を摂りませんでした。困り果てた私は先生に電話で状況を相談しました。すると先生は「適当な理由をつけてとにかく来させなさい」。青龍館から帰ると開口一番、娘が「お母さん、ごはん」。私は泣きながら先生に御礼の電話をしました。以来娘はダイエットを止め、大学も一流大学に一発合格し順調な人生を歩んでいます。青龍館で何があったのか娘に尋ねても「別に」と言うだけですし、先生に尋ねると「普通に揉んだだけだよ」と言われます。私は不思議でたまりませんが、あの状態が続いたと思うと本当にゾッとします。ありがとうございました。

●リハビリの不十分さで不自由になってしまうこともあります

リハビリの不十分さで不自由になってしまうこともあります(30代会社員)30代会社員   僕は学生時代にバイクで事故を起こし、両手首を骨折しました。リハビリにも1年間真面目に通ったのですが、両腕を前方に伸ばすと手首がほとんど曲がらないので、つまり腕立て伏せの格好ができないですね。実は青龍館さんには飛び込み営業で行ったのです。大手旅行代理店に入社した最初の年でした。先生は「家族旅行なら考えてやってもいいぞ、お前腕がおかしいな、どうしたんだ」。僕が経緯を説明すると「そこに座って腕を診せてみろ」と言われました。すると先生は僕の手首を真っ直ぐにしたまま触り「治った、壁に掌を付けてみろ」。僕は「いやー、無理ですよ」と言いました。先生は「いいからやってみな」。すると何と手首が普通に曲がるじゃないですか。僕はあっけにとられながらも「腕立て伏せの格好をしても良いですか」と尋ねました。先生は「格好ではなく腕立て伏せをしてみな」と言いました。僕が施術代をお支払いすると言ったら「いいよタダで」と先生。その夏、先生一家の家族旅行は僕にとってタダより高いものはないということになりましたが、本当にありがとうございました。
ページトップ
Copyright© 2017. Seiryukan Seitaiin All Rights Reserved.